あき竹城応援ブログ

japanese oppai blog

FF15感想 一体何歳までFFができるのだろう

f:id:formaldehyde1024:20161212152539j:plain

僕の中でのFFの位置づけは、任天堂でいうところのマリオカートスマブラのような
ハードを買ったらとりあえず買うゲームで、当然今回も買わなきゃ文句が言えないので発売日に購入。

 

うだうだ書く前に一言だけ言うなら、

 

「FFの新作にしてはよくできてる」

 

に尽きると思う。

 

トーリーについては13章のアップデートが来るまで中断しているので(現在3章)、
システム面と細々としたところにスポットを当てていく。

 

ワールドマップ

今回の車移動、何故必要なのかと疑問でしかならない。
オートドライブで景色を楽しむのは最初の数回でいいし、マニュアルドライブはオープンワールドにはほぼついてるルートガイドが出ないし、かといってファストトラベルに30秒ほどかかるし、、、、、

 

ガソリンを入れるカッコいいノクトくんを代表としたいちいち挟まれるスキップできないシーンなど、いちいちワンテンポ遅れるところは自分が短気だからなのかと苦悩した。

 

街の中もいちいちショップとか宿とか遠すぎるよ!近くに置いとけよ!
港なんてレストランまで遠すぎるわ!次のアップデートで橋半分にしろ!

おにぎりにこだわる前に読み込み時間にこだわって欲しかった。


サブクエス

討伐クエストが一件ずつしか受注できない箇所に疑問を持たざるを得ない。12では確か出来たはずだ。

遠くに行ってモンスターを倒す程度ならこの先ボスより強敵が出るんだろうし我慢できるが、「罠を解除しろ」など大体の位置もわからずにひたすらゆっくりしらみつぶしに隅々まで歩くなんて

 

スクエニさん…なんの訓練になるのでしょうか…

 

何事にしてもサブクエストがオープンワールド黎明期のレベルで止まってしまっている。
もしかして2006年に考えたサブクエストなのだろうか…いや、そうに違いない。

 

 

戦闘システム

正直、13は映像美におまけでRPGもどきがおまけでついてきたレベルで、
何故12であそこまでの戦闘システムの革新をしたのにそれをぶん投げたんだと落胆。

しかしまあ、FF13はハナから冒険させるのではなく、映像を見せることだけで勝負したかったのなら、
状況を見て作戦を切り替える戦闘システムも納得できる。無理やりだけど。

15の戦闘システムはKHシリーズのようなアクション寄りでありながら、
ガチャガチャやってれば勝てるわけでもなく、かといってアイテムの使用など
ストレスを感じさせないよく練られたもの。

総合的に見ればFF12から続いていた戦闘システムの迷走がFF15でまとまったと僕は思う。

残念な点を強いて言うならアビリティコールで仲間を最適化していくのではなく、ガンビットの簡易版でいいから
ある程度こちらで特性を出せたらよかったのになと感じた。

 

 

まとめ

以上の点から、最近のゲームに比べるとアレだけど、グラフィックにしろ、世界の作り込みにしろFFの新作としての及第点は2作品ぶりに達成したと僕は考える。

本当に買ったかもわからないレビュワーの人よりも、なんだかんだいっても楽しんでいる。

 

ただ言わせていただきたい。

 

FFの新作としてはよくできている。

 

FFの新作としてはよくできている!!!!!!!