読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あき竹城応援ブログ

japanese oppai blog

新卒の君が取るべき手段は半年で辞めるか、3年で辞めるか、あきらめるか

そろそろゴールデンウィークが頭を見せ始め、僕もお腹を出して風邪をひく頃。
今回はゲームも映画もエロもない仕事の話。

 

前の会社の上司が「どんな会社にも3年はいた方がいい」とヤフー知恵袋的なことを言っていたけど、結局僕は後がないと思いながら3年半勤め、結局その上司に横抜きされるのに腹を立ててやめた。

 

ちなみに新卒で入った会社は「新卒はいつ辞めるかわからないので仕事道具は買えない」「僕たち現場には君を教える余裕がない」と言われたので、素直に辞めた。

 

そして現在27歳、3社目である。

 

僕の両親から言わせてみれば見事なまでの転落人生なんだろうけれど、僕の中では転職する度に黒からグレーに、そしてホワイト企業に就職しているので、普段お正月にしか思い出さない神様に感謝している。

 

結局のところ半年で辞めたらいいのか、3年待つのか答えは僕の中で出ていない。

半年で見切りがついて損切りができるのも結構、3年目で他でもやれそうかなと転職活動してみてうまくハマるのも結構だと思う。

 

これもよく言われていることだけど、3年もいればどんな環境にも慣れる、というか諦めがつくからそのまま文句を言いながら定年を迎えるのもよかったりするんだろうな。

 

ただし、27歳以降は経験がない転職者は新卒と同条件なのに27歳相応の結果を求められるから注意が必要だし、30歳以降はキャリア転職でない限りは絶望的になる。

 

結局は行くも地獄、帰るも地獄、突っ立ってるのも地獄っていうのが庶民だと、一庶民の僕はそう思う。

 

f:id:formaldehyde1024:20170417224036p:plain