あき竹城応援ブログ

japanese oppai blog

未だARKが終わらない

スプラトゥーン2に引き続き、ドラゴンクエストⅪまで発売されてしまった。

 

スプラトゥーン2の時は

 

しょ、初心者だから住み分けができるまでは放置で(震え声)

 

でごまかしたものの、いよいよARKから一旦離れる時が来たのだ。

 

先週の土日は2家族で島へバカンスの予定だったのでARKからの離脱は簡単にできると思っていたけれど、事あるごとに「この傾斜を利用してこういう建築を…」「この海は南東部に似てるな」「このイルカもテイムできるのだろうか」などなど完全に脳が支配されていた。

 

結局日曜に帰ってきてから、そして昨日仕事から帰ってきてからは先週までと同じく4時までコースでプレイ。

そして移動時間はiPadで建築図面を作成、必要素材をExcelで計算、帰ってからARKでやることを事細かにメモ…

 

はい、完全に病気です

 

この病気の何が恐ろしいかって、ゲームの進行スピードが恐ろしく遅いこと。

ローカルでやっていて、やりたい放題にも関わらず設定は夜の時間を3倍速にしているだけで、クリア済み洞窟は1、テイムしている恐竜も序盤に確保するような恐竜のみ。

 

本当に何に時間がかかってるのかわからない。なぜARKをやるのが義務になっているのかもわからない。

 

財布にとってはゲームソフト2~3本積むぐらいで済むなら他に使わないだけエコだけど、間違いなく27歳の夏としては大切な何かを失っている気がしないこともない。